長期の火災保険のメリットについて

kodomo01_lマイホームを購入された場合、一般的には一括支払いではなく住宅ローンを利用して住宅購入費用を返済していきます。その際、火災の保険に加入することになります。ほとんどの方が長期的な火災保険に加入されます。
契約期間は1年から36年の期間内で保険期間を選択することが可能です。住宅購入の際にこうした保険を契約するため、不動産会社などで長期の契約を勧められることもあります。長期契約の場合、一括支払いをすると保険料の割引もありますし、契約更新の費用や手間を省くことができるわけです。
分割支払いも可能ですが、分割にしてしまうと金利がかかってきますから、支払い金額も高くなってしまいます。ですから、長期の契約を結ぶのであれば、一括支払いをするようにします。契約時点の金利を考慮し、保険料が割り引くことが可能になります。
住宅購入する際は火災の保険などへの加入が必須ですから、諸費用として購入費用に加えて考えておきます。諸費用は現金での支払いが原則ですから、火災の保険料を事前に貯蓄しておきます。1年契約で分割での支払いも保険料が安くなる場合がありますが、やはり長期の契約での一括支払いが余分な支払をせずに済みます。さらに、住宅ローンの返済と保険料の支払いが積み重なると、毎月の生活を圧迫しかねません。