長期契約と1年契約の差額について

火災保険は、ほとんどが長期間の契約です。しかしながら契約期間が1年未満という短期契約の保険も、選んで加入することができます。火災保険に加入するときは、長期契約と1年契約のどちらに加入するべきなのでしょうか。
両方ともそれぞれメリット、デメリットを持っています。保険料にも差額が出てきます。一般的に長期で支払うほうが保険料を安く押さえることができますが、短期は保険料が高くなります。また、短期間ですから、満期日が来るたびに、更新手続きを行うか、新たに保険に加入する必要が出てくるのです。
そのため短期間の保険は、メリットがないように感じますが、保険の見直しが定期的に行えます。保険業界もこの数年で大きく変化しました。外資の参入や、ダイレクト型保険会社が増えたことで、保険商品やサービスの数も増えて、選択肢が増えたのです。また新しい商品やプランもどんどん増えていきます。そのため、保険は一度入ったら安泰ではなく、その時の自分の状況によって最もベストな商品を選ぶことが、賢い選択となったのです。短期間の保険ならば、その時に最も自分が必要である保険を選ぶことが出来ます。
一方で長期で契約するときは、保険料金が安く見直しも頻繁に行う必要がないことが、メリットです。

コメントは受け付けていません。