長期年払とはについて

kodomo02_l住居を構えている人は、賃貸であれ持家であれ、火災保険へ加入している人がほとんどです。賃貸住宅の場合は入居手続きの際に火災保険の加入をさせられるケースが多くなっています。大家さんが指定している保険会社で契約するのが一般的な流れです。
火災保険料の支払方法は様々ありますが、オーソドックスなものとして1年契約と長期契約があります。賃貸住宅の場合は1年~2年程度の比較的短い期間の契約となる場合が多いです。賃貸契約の期間に合わせて加入することになるからです。
マンションや一戸建てなどの持家の人の場合は、長期年払を選択する人が多いです。住宅ローンを組んでいる限り、その家に住む期間は数十年と長くなります。そのため、割引率の高い長期間の年払を選ぶことが多いのです。
長期の年払タイプを選択した場合、どのようなメリット・デメリットがあるのか紹介していきます。参考の上選択してみてください。
長期の場合、更新手続きが不要というメリットがあります。年数が長いほど割引率が高くなり、お得になる点もメリットです。
デメリットは保険の見直しがしにくいという点です。また、一括で支払う金額が負担になるという人も多く、経済的な余裕がない場合はデメリットになります。

コメントは受け付けていません。